妊娠 ムダ毛 IPL脱毛器






妊娠でムダ毛増える理由とIPL脱毛器

妊娠中のムダ毛処理

女性が妊娠すると、身体には色々な変化が起こりますが、その原因は分泌されるホルモンバのランスが大きく変化することです。

特に、おなかの赤ちゃんを守り妊娠状態を継続させるのに必要な黄体ホルモンが大量に分泌されます。

身近なことでは、生理の前後や期間中に、お肌が揺らぐ経験をされた方もいると思いますが、ホルモンの分泌されるバランスが変化することは、そのまま肌質の変化としても表れます。

そして、これらホルモン分泌の作用に関連して、髪の毛なども含めた体毛の量も変化することがあり、今まであんまり気にならなかった部分のムダ毛が増えて、気になるようなこともあります。

しかし、脱毛エステやサロンは妊娠期間中は通えない(休止状態)としている所がほとんどです。

そのため、妊娠期間中に近年人気のIPL脱毛器を購入されて、自宅でムダ毛処理やケアをしようと考えることもあると思います。

IPL脱毛器はおなかの赤ちゃんに影響する?

しかし、妊娠期間中にIPL脱毛器を使用するのは『何かしらおなかの赤ちゃんに悪い影響があるのでは?』と心配になってしまうことがあると思います。

基本的にIPL脱毛器が照射するIPL光は、おなかの赤ちゃんに影響を与えるものではありません。

ただ、アンダーヘア脱毛などデリケートな部分に使用するのであれば、妊娠中は控えた方が良いでしょう。

それは、妊娠前に比べると妊婦さんの肌は、今まで以上に敏感肌になることが多いからです。

実際に、IPL脱毛器でアンダーヘアのVIOラインを脱毛しても、全く痛みを感じないことはほとんど無く、多少なりとも痛みを感じることがあります。

その時、痛みで瞬間的に力が入ると、おなかが張るようなケースもあります。

また、おなかが大きくなる妊娠後期で上記のようにデリケート部位の脱毛をすると、おなかが苦しい体勢になったり、適切な場所への照射が難しいケースもありますので、注意しなければいけません。

できれば腕や足など痛みを感じにくい部分で使用する

妊娠中でもIPL脱毛器そのものを使用することは可能ですが、ワキや腕、足などの部分で、あんまり痛みを感じず、また、IPL光の照射そのものが簡単な部位に止めた方が良いでしょう。

妊娠中にIPL脱毛器を使ったワキのムダ毛処理

おなか周辺やアンダーヘア脱毛などの使用に関しては、妊娠期間中は、しばらく我慢をした方が良いです。

IPL脱毛器でムダ毛処理中に、痛みを感じて不意に力が入ってしまうと、その影響で、おなかや子宮の収縮が起きる可能性も高まり、妊婦さんとおなかの赤ちゃんに対する状況としては、決して良い状況と言うことはできません。

そのため、妊娠中にムダ毛処理にIPL脱毛器を使われる場合は、前述のように腕や足、ワキなどに使用して、アンダーへアなどのデリケート部位への使用は控えてください。

これらのことは、IPL脱毛器の使用に関わらず、脱毛エステやサロンなどでも同じことを言われます。

妊娠期間中のIPL脱毛器の使用は、IPL光自体はおなかの赤ちゃんに影響することはありませんが、IPL光をお肌に照射することで表れる痛みなどが、間接的に影響する可能性もあるので、その点の注意やIPL脱毛器の取扱い説明書などを確認されて、ムダ毛処理を行なってください。

妊娠中の揺らぎやすいお肌にも優しいIPL脱毛器は?