通販IPL脱毛器を購入して後悔しない選び方は?






ムダ毛の処理を丁寧に行なう女性が増えている

衣替えが始まり薄着となる初夏頃から、女性はエチケットとしてムダ毛の処理を行なうようになります。

お金をかけて完全な永久脱毛をしない限り、毎回約2~3週間の毛周期のたび脱毛処理をしなければ、キレイなつるスベなお肌を保つことができずに、その処理も大変です。

ムダ毛を気にする女性

また、最近ではワキ・脛などのヒザ下・二の腕など外見から見て分かる部分だけを脱毛処理するのでなく、背中やおなかの周辺、そして、アンダーヘアを含めた外から見て分からない部分でも、キレイに脱毛処理を行なう女性が増えていて、少しずつ常識化をしていると思われます。

特に、アンダーヘア部分の脱毛に関しては、何度か脱毛エステやサロンのテレビCMや雑誌などで頻繁にアピールしている様子をご覧になったことがあるかと思います。

アンダーヘア脱毛は『VIO脱毛』『ハイジニーナ脱毛』などとも呼ばれています。

そして、最近、アンダーヘアの脱毛処理をされる女性が増えてきた背景は、海外では女性だけでなく男性もアンダーヘアのお手入が当然だという話や、多くの女性芸能人も公言しているもあると思います。

アンダーヘア脱毛のメリットと脱毛場所について

このように、女性がいつもキレイでいたいと思うことは当然のことですし、ユーザー側のニーズに合わせて各メーカーからも色々な脱毛器が販売されています。

女性のお肌はデリケートで、脱毛器を購入される場合は、脱毛効果が高い製品を選ぶことは当然ですが、同様にお肌に負担がかからない様、多種多様な女性の肌質に対応できる脱毛器を選ぶことも大切です。

脱毛方法の種類とメリットとデメリット

今まで主流だったムダ毛の処理は、毛抜きで抜く・カミソリで剃る・脱毛や除毛クリームなどでした。

これらの方法は、金銭的にも時間的にも即効性もあり、お手軽というメリットがあります。

その反面、毛抜きを使う方法は、抜く場所によってかなり痛みが強いことや途中でムダ毛が切れると埋没毛という状態にり、肌内でムダ毛が伸び続けたり、毛根が跡になってしまいます。

カミソリを使う方法でも、下画像の様にムダ毛処理後の肌状態も決して良いと言えず、カミソリの刃が肌表面に見えない傷を付け続けてると言われています。

カミソリでのムダ毛処理後の肌荒れ

そして、クリームを使う方法は、肌のカブレや痒みなどの炎症を起こすことが多いというデメリットがあります。

また、脱毛や除毛クリームは、成分がムダ毛を溶かして効果を発揮するのですが、人間の毛髪は肌と同様にタンパク質が主成分で構成されてるので、お肌がデリケートな方はクリームに配合されてる成分が、お肌に炎症などの悪い影響を及ぼすことが充分に考えられます。

個人的なことで、たまたま自分の肌とは相性が悪かっただけなのかもしれませんが、南国産の果物が成分に使われ肌に優しいと言われる除毛クリームを使って、肌がカブれてしまったことがあります。

これらの方法には、金銭的・時間的にもお手軽だというメリットがある反面、長期的に見てみると、お肌に負担を与えてしまうデメリットがあることも知っておく必要があると思います。


このような、ムダ毛脱毛処理でのデメリットを受けない方法は、脱毛エステやサロンに通われるか、自分で家庭用脱毛器を購入される方法がありますが、これらの方法にもメリットとデメリットがあります。

脱毛エステや家庭用脱毛器の特徴

脱毛エステやサロン、そして、脱毛器の種類によるメリットとデメリットについて客観的に表記すると

脱毛方法 脱毛方式と仕組み メリット デメリット
脱毛エステ・サロン 脱毛エステ 注:店舗により違いあり
  • IPL(フラッシュ)
  • ニードル(電気式)
  • 医療用レーザー
  • プラズマ
  • ワックス
  • 完全におまかせできる
  • プロが施術するので脱毛仕上がりが良い
  • 痛みが少ない
  • 施術後にもアフターサービス付
  • 顧客数が多い店舗は色々ノウハウがある
  • 最初の話よりも料金が高くなることがある
  • 夏前の繁忙期は予約がかなり難しい
  • 他のサービスまで勧誘される
  • 同性でもデリケートな部分は見せたくない
サーミコン(熱線式)式家庭用脱毛器 サーミコン脱毛器 高熱ワイヤーで毛を焼き切り、その熱を毛根部に伝えるなどして熱効果を利用することで脱毛
  • 色々な脱毛器の中でも本体が低価格
  • ムダ毛処理する効果の表れが早い
  • カミソリよりはお肌が傷付かない
  • 充電式で持ち運び自由
  • 火傷する場合がある
  • ムダ毛を焼切れる分の長さが必要
  • 掃除など脱毛器本体のメンテナンスが大変
  • ムダ毛処理の毛を焼く臭いで室内が臭くなる
レーザー式 家庭用脱毛器 レーザー式脱毛器 脱毛したい部分の毛根にレーザーの光を当てて、毛根部とムダ毛の両方にダメージを与えて脱毛
  • 一部エステや医療脱毛でも使わている実績
  • 脱毛仕上がりが良い
  • ムダ毛が長い状態で、そのまま使える
  • 充電式で持ち運び自由
  • 人によって肌に痛みを強く感じる
  • レーザーの照射範囲が狭いので(1cm2)広範囲は時間がかかる
  • 脱毛器の本体が重くて長時間は腕が疲れる
IPL(フラッシュ)式
家庭用脱毛器 IPL脱毛器
お肌にIPL光を照射して毛包など毛根部分の濃い色素に反応して根本からムダ毛にダメージを与え脱毛する
  • 多くの脱毛エステでも主流で使用している
  • IPLの照射範囲が広く脱毛の手間が少ない
  • 肌の痛みなど少ない
  • 脱毛の場所に合わせて出力調整可能
  • 機種により美顔機能や自動モード付

IPL脱毛器を使う最も大きなメリット

それぞれの脱毛方法には、このようなメリットとデメリットがありますが、その中でオススメするのは
IPL(フラッシュ)式家庭用脱毛器です。

IPL脱毛をする女性

確かにサーミコン(熱線式)式やレーザー式の家庭用脱毛器と比べると、本体価格が高価だったり消耗品があるというデメリットはあります。

レーザー式とIPL式の家庭用脱毛器比較

しかし、ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)エステティックTBCなどの大手脱毛エステ・サロンでも採用されている、効果的なIPL脱毛の方式を自宅で自分の都合の良い時にいつでも使うことができたなら、脱毛エステに通うために費やす時間を他のことに有意義に使えるだけでなく、自分の毛周期パターンに合わせた効果的なムダ毛処理もできるのです。

また、これから先でも、脱毛を意識される女性が、確実に今まで以上に増える傾向で、すでに周りの女性の何人か、ムダ毛処理を意識した行動を起こされてる方もいるのではないでしょうか?

その時になって、慌てて脱毛エステに通いだしたり他の脱毛器を購入するより、なるべく早い段階で脱毛エステでも主流な方式のIPL脱毛を取入れることには、大きなメリットがあります。

脱毛エステと家庭用IPL脱毛器との比較

IPL脱毛器は、今までかかっていたムダ毛処理の手間から開放されるだけでなく、長期的に見て、この先のムダ毛処理に必要なお金も減らすことにもなります。

また、フェイシャル(美顔)機能付きのIPL脱毛器であれば、IPL光はフェイシャル専門エステやサロンでも使われているので、自宅に居ながら脱毛エステとフェイシャルエステの両方の効果を自分の都合の良い時に利用することもできます。

IPL脱毛器のフェイシャル(美顔)機能の効果

このように、本当に購入後後悔することの無いIPL脱毛器を選ばれるには、テレビCMや雑誌などで大々的にアピールされているだけのIPL脱毛器でなく、自分の目的を満たすIPL脱毛器を見極めて、購入される必要があります。

当サイトは脱毛の知っておきたい知識やIPL脱毛器の性能だけでなく、購入後のコストパフォーマンスなど、色々な面からIPL脱毛器を分析した情報などを紹介致します。